Loading...

IoT

業務効率化

省力化

遠隔監視

IoTを使用した業務効率化

【産業向け】

 

IoTを使用した業務効率化などで目標達成を推し進める事が可能です。

工場関連)

今まで毎日機器の稼働状態を調べるため、巡回検査をしている。またはメータを確認するため、巡回している。この様な作業はセンサーや記録をデジタル化する事により、遠隔監視する事が出来作業の効率化、また異常を早く検出が可能となります。

事務所関連)

事務所の温度などの管理や会議室などの使用状況、機器などの使用状況を遠隔制御や統括的にモニターする事でコストセーブなど出来ます。また作業効率を上げるため、物や人の動きから最適な事務所環境を作る事も出来ます。

物流)

コンテナーやトラックなどにGPSを取り付け、貨物の配送状況、運送トラックの位置確認などが出来ます。また位置確認が出来る事により、配送ルート変更などをセンター側から指示出来るので、ドライバーの負担も減らす事が出来ます。倉庫内の荷物の保管位置を記録、取り出し時間の短縮にもつながります。

医療施設)

医療機器の院内所在位置確認やベッドの使用状況、患者の状況や投薬の準備などを計画的に行い、業務負担を軽減します。

テクノロジー

IoTはインタネットへ接続する事により、はるかに効率的な環境を作る事が出来ます。主にセンサーとBLEやWiFiなどの無線ネットワーク、遠隔地を接続するためのWPLA、LETなどの携帯電話ネットワークを使用する事により、どこからでも遠隔監視が可能となります。

機能とメリット
  • 比較的ローコストでシステム構築可能
  • 業務の効率化
  • 監視時間なども自由に選択
  • 監視するセンサーを後付け可能

 Previous Next